{JP}~Japan investigating whether 3 deaths are linked to a Moderna vaccine batch that officials fear was contaminated

日本では、後にリコールされたワクチンのバッチを受け取った後、3人が死亡しました。

日本の厚生労働省によると、銃撃と死の関係はありません。

同時に生産された製品のバッチで汚染物質を発見した後、Modernaはこれらのショットを思い出しました。

Insiderのビジネスページで他の記事をチェックしてください。

日本の当局者は月曜日に、汚染を恐れてリコールされたModernaワクチンのバッチが数日以内に死亡し、3人目の人が日本で死亡したことを確認しました。

国の厚生労働省はプレスリリースで、死と銃撃の因果関係は特定されておらず、死者数は調査中であると述べた。

これらの人々(すべての男性)は、バッチ3004734のワクチン接種を受けた後、8月に死亡しました。

Modernaとその日本の流通パートナーである武田薬品は8月28日に他の2つの製品バッチをリコールしました。これらのバッチには、合計160万回の投与が含まれています。

両社は、銃撃が死に至ったという証拠はないことを強調した。ワクチンによる死亡はまれであり、ワクチン接種後の死亡は無関係の原因による可能性があります。

両社は、バッチ3004734が汚染されているかどうかわからないと述べたが、別のバッチ(3004667)と同時に製造されたため、回収した。

ModernaのスペインのメーカーであるROVIPharma Industrial Servicesが主導する調査が水曜日に発表され、3004667はステンレス鋼の粒子で汚染されており、製造プロセス中にバイアルに入る可能性が高いと述べました。

死亡は8月に発生しました。そのうちの2人は8月28日に確認されましたが、正確な日付は示されていません。ジャパンタイムズによると、どちらも30代の男性です。

月曜日に確認された3番目の死亡は49歳の男性で、射殺された翌日の8月12日に発生しました。日本の当局者は、彼には基礎疾患はないが、そばにアレルギーがあると言った。

 

In a joint statement Wednesday, Moderna and Takeda said the rare presence of stainless steel in the vaccine did not “pose an undue risk to patient safety.” The companies said that even if the particles were injected into an arm, it would cause only a slightly stronger reaction at the injection site and no other adverse reactions.

Moderna and Takeda have not commented on the latest report outlining the third death. But in an earlier statement published August 28, Takeda said it was working with the MHLW to investigate the two deaths previously announced.

Insider tried to contact Moderna, Takeda, and ROVI Pharma Industrial Services but didn’t receive a response by publication time.

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *